読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

せたがや働く女性応援委員会のBlog

働く女性の健康や法律などに関連した情報をお届けします☆

乳がんを考える日

こんにちは、せたがや働く女性応援委員会の平井です。

 

来週、3月27日(日)に乳がんについて考えるイベント ピンクリボンウォーク2016が日比谷公園にて開催されます。

https://breastcare.jp/pdf/20160310_pinkribbon_pamphlet.pdf

 

 

約1年前に発表された国立研究開発法人 国立がんセンター『2015年の予想がん罹患数(新たにがんになる方)』では、乳がんはがんの中でも大腸、肺、胃、前立腺に次いで多いがんと推測されています。女性だけでみると、乳がんが一番多くなっています。

乳がんは女性のイメージが強いですが、男性でも乳がんになる可能性はあります。乳がん患者のうち約1%は男性だそうです。

 

イベントでは、ウォーキング、ランニングの他にトークイベントもあるので、ご興味のあるかたはお花見がてら足を運んでみてはいかがでしょうか。

 詳しくはこちらのページをご確認ください。

 

サイトの下の方にあるピンクリボン体操の動画もおすすめです。

リズミカルな音楽に合わせて楽しくセルフチェックする方法を知ることができます。

慌ただしく過ごされている方も多いと思いますが、日頃から自分の身体と向き合う時間も大切にしたいですね。

産後うつを早期発見する

3月になり、徐々に気温もあがり春らしくなってきましたね。

 

先月、新聞等の報道で産婦人科診療において「産後うつ」への対策がすすめられていることが公表されました。

出産した女性の1割に「産後うつ」がみられるそうですが、残念ながら現時点では、「産後うつ」に対する診療ガイドライン等はなく、診察する医師の判断で診療が異なっています。

そこで、産婦人科診療ガイドラインに「産後うつ」の対策を盛り込むことで、早期に兆候を見つけ、早期発見・早期治療につなげようとしています。今後は産婦人科医と精神科医のネットワークづくりを進める方針だそうです。

産後うつの症状としては、慢性疲労感、不安感、苛立ち、食欲低下や過食などがあげられますが、育児や家事などの忙しさの中で体調の悪さを感じても、「忙しいせいかな?」となかなか治療に結びつかないケースも多いようです。

看護師として勤務していた時に、産後うつの患者さんからよく言われたのは、「1人でがんばりすぎないで」ということ。

周囲の協力や理解を得ることがとても大切です。

 

 

女性は、妊娠、出産のような大きな変化だけでなく、月経、閉経など生涯を通して女性ホルモンの影響を大きく受けます。

また、季節の変わり目、特に年度末・年度開始の境目がある3月~5月においては、生活の変化もあり、心身への影響が予想されます。

 

忙しい日が続いたときは、意識をして一呼吸したり、休んだり、リフレッシュをしてくださいね。

そして、1人でがんばりすぎないことを、心構えとしてもっていただければ、と思います。

 

 

 

有意義な福利厚生

こんにちは。

委員会の橋爪です。

 

今年は早くも春一番が観測されました。

寒暖の差が激しいので体調管理には気を付けてください。

 

さて、今回は福利厚生の話題ですが、

会社勤めをしていると年一回の健康診断があります。

年齢と共にコレステロールや血圧の数値が気になり

毎回ドキドキしている人も多いことでしょう。

 

私も検査の2日前からアルコールを控えましたが、

急場しのぎでは意味がありませんね。

 

やはり日頃の行いの積み重ねが大切ということで、

最近の私は、意識してナッツ類を食べています。

 

といいますのも、私の在籍する会社では、

福利厚生の一環として代金の半額(もっと多いかも?)を補助して、

自然農法による【ナッツ&ドライフルーツ】をおやつに用意しています。

 

 

ナッツ類は健康食品として評価され

最近は何かと話題です。

 

効能の例

ナッツ(アーモンド、ピスタチオ、くるみ等)

 ・高血圧予防

 ・悪玉コレステロール予防

 ・貧血予防

 

ドライフルーツ(イチジク、レーズン、マルベリー等)

 ・疲労回復

 ・整腸作用

 ・老化防止

 

その他にも多くのメリットがあるようです。

 

そして何よりおいしいですし、

仕事の合間につまむのに丁度良いです。

 

ちなみに社内では思わぬヒットとなり

補充が慌ただしいという予想外の状況です。

 

 

しかしながら、

多くのスタッフに喜ばれ

健康にも良いとなれば会社としても願ったり叶ったり

有意義な取り組みです。

 

 

福利厚生を担当している方、

参考になりますでしょうか・・・。

ワークライフバランスフェスタ東京2016が開催されます!

f:id:setagayahataraku:20160205141628j:plain

せたがや働く女性応援委員会の渡邉です。

来週2月9日(火)に、東京ドームシティプリズムホールで東京都主催ワークライフバランスフェスタ東京2016が開催されます!(入場無料)

詳しくはコチラ↓

http://www.wlb-festa.metro.tokyo.jp

ぜひ参加してみてくださいね。

ワークライフバランスは最近よく耳にする言葉ですよね。略してWLBとも言われます。 そもそもワークライフバランスって、どんな意味なのでしょうか?

ワークライフバランス憲章によると、

ワークライフバランスとは、「国民一人ひとりがやりがいや充実感を感じながら働き、仕事上の責任を果たすとともに、家庭や地域生活などにおいても、子育て期、中高年期といった人生の各段階に応じて多様な生き方が選択・実現できる社会」と定義されています。

各ライフステージで、充実感を感じながら多様な働き方ができるといいですよね。

東京都では、ワークライフバランスを推進しており、フェスタの開催や、夫婦でワークライフバランスについて理解をすすめるための「パパとママが描くみらい手帳」なども作成しています。

夫婦のワークライフバランスを保つための知識だけでなく、出産後も夫婦の愛情曲線を維持するコツ?!も書いてあるので、妊娠中の方、育児中の方、是非ご主人と一緒に見てくださいね!

⭐️「パパとママが描くみらい手帳」

http://www1.tokyo-womens-plaza.metro.tokyo.jp/Portals/0/jigyou/wlb/index.html

働く女性と健康

こんにちは。
せたがや働く女性応援委員会の加藤です。

民間のシンクタンクである日本医療政策機構が、
働く女性の健康増進が社会にもたらす影響について、社会経済的側面から検証しています。



その調査結果によると、
・婦人科系疾患を抱える働く女性の年間の医療費支出と生産性損失を合計すると、少なくとも6.37兆円にのぼる。
(医療費1.42兆円、生産性損失4.95兆円)

・月経随伴症状、乳がん、子宮頸がん、子宮内膜症といった婦人科系疾患の有無は、QOLおよび労働損失時間と概ね有意な関連が見られる。

・定期的に婦人科を受診している人の割合は2割にとどまる。また受診しない理由として、「健康なので行く必要がない」という回答が5割を超えた。

・他国と比較し、日本の婦人科がん検診の受診率は低い。受診率の高い国では、公的な予算による補助の他、かかりつけ医が定期的な受診を促す仕組みや、コール・リコールシステムが整備されている。


ということが明らかになりました。

注目すべきは、女性自身が定期的に婦人科を受診しない理由として「健康なので行く必要がない」と回答していること。

婦人科系の疾患は症状を自覚する時は、すでに重症化していることも少なくありません。

やはり女性一人ひとりが、婦人科疾患なども含め自身の健康や定期的な検査の必要性を理解し、
そして実践すること、
行政や企業がそのような女性の健康維持活動を支援することの重要性を感じています。


自分では「健康」と感じていたとしたとしても、客観的に身体どのような状態なのか定期的に点検をしてくださいね。

www.hgpi.org

仲間とともに。

メンバーで新年会を兼ねたミーティングを行いました。

国の女性活躍に向けての対策が打ち出されていますが、会社や働く人たちへ影響の予想、生じうる問題、対策などを事例を絡めながら話しあいました。

労務管理、総務、保健、教育などの分野で、それぞれのフィールドで活躍するメンバーですが、話し合うテーマに対しても、違う分野にいるからこその視点からの意見が交わされるので、「そういう見方があるのか」「そのような事実があるのか」と新しい発見を共有することができます。
かけがえのない仲間です。


世田谷で働く女性にお役に立つ情報をこのメンバーとともに発信していきます。

よろしくお願いします。

f:id:setagayahataraku:20160129044310j:plain

一億総活躍社会に向けて

f:id:setagayahataraku:20160104212142j:plain

あけましておめでとうございます。

せたがや働く女性応援委員会の加藤です。

年初に行われた記者会見で、安倍総理は「一億総活躍社会」にむけた政府の取組や目について言及しています。

「一億層活躍社会」については、昨年(平成27年)11月に開かれた一億総活躍国民会議で取りまとめられた対策として、『新・三本の矢』がスローガンとしてあげられました。

 

【新・第一の矢】希望を生み出す強い経済
・賃上げによる労働分配率の向上
・生産性革命による設備投資の拡大と生産性の向上
・働き方改革による労働参加率の向上、イノベーションによる生産性の向上

 

【新・第二の矢】夢をつむぐ子育て支援
・若者の雇用安定・待遇改善
・仕事と子育てを両立できる環境
・保育サービスなど結婚から妊娠・出産、子育てまで切れ目ない支援

 

【新・第三の矢】安心につながる社会保障
・介護サービスの確保
・家族が介護と両立できる環境、家族への相談・支援体制
健康寿命の延伸


今年もこのスローガンに絡めた国の事業が進められると予定であり、法律・制度も改正予定です。

制度改正に伴い、使える制度なども拡充していくことが予想されます。

法律・制度改正の情報も、今後お伝えしていきます。

今年もどうぞよろしくお願いします。